頑固な鼻づまりを撃退しましょう|症状の改善を目指す

医者

鼻の症状が続いたら

woman

蓄膿症の可能性

風邪や花粉症やアレルギー反応、鼻づまりが起こる要因はいくつか挙げられますが、症状が慢性的に続く場合には別の病気が関係している可能性があります。それが蓄膿症です。蓄膿症とは所謂鼻と口の奥、副鼻腔部分が炎症を起し、膿が溜まることによって引き起こされるものです。具体的な症状としては先に挙げたような鼻づまり、そして症状が悪化すると口臭の悪化、鼻だれ、頭痛や歯痛を引き起こして行くようになります。症状があまりにひどいと集中力が欠如し、日常生活にも支障を来すようになるので注意が必要です。こうした鼻づまり症状を解消させるためには早めに耳鼻咽喉科など、専門の医療機関を受診することが大切です。その場の処置として副鼻腔内に溜まった膿を吸い取り鼻づまりや鼻だれを抑えることができますし、その他の症状も処方薬によって改善していくことが可能です。

治療の際の注意点

蓄膿症は出来るだけ軽度の段階で完治させるに越したことはありません。とはいえ、蓄膿症は何度も症状を繰り返すケースが多く、それが慢性化、悪化してしまえば最悪の場合手術が別途必要になることもあります。鼻づまりなど気になる症状がある場合には出来るだけ早く医療機関を受診していきましょう。ごくごく初期段階の蓄膿症であればわざわざ手術をしなくとも処方薬だけで十分に対処していくことができますし、じきに症状も改善されます。早め早めの対処によって将来的な手術のリスク、費用や体力面での負担を軽減していくことができるのです。人によっては数週間単位で通院が必要になることもありますが、それによって手術など痛みの強い治療を避けることができるのであれば決して無駄な話ではありません。

耳や鼻の症状

病棟

耳や鼻の症状がある場合は、内科よりも耳鼻科を受診した方が合理的なことがあります。新宿にあるような内科併設の耳鼻科であれば、幅広い症状を診てもらうことが可能です。新宿の耳鼻科では、免疫疾患や内分泌疾患などの慢性的な病気も診療します。

More Detail

働く人なら知っておくべき

カウンセリング

新宿を利用する人は、駅近くで耳鼻咽喉科を探しておくといいかもしれません。花粉症や風邪、めまいなどの症状に役立つ科だからです。すぐに立ち寄れるように診療時間や評判なども調べておくと安心です。出先で具合が悪くなることはあるものです。

More Detail

つらい鼻炎の症状を改善

女性

鼻水や鼻づまりといった症状は、耳鼻科を受診することで治療ができます。アレルギー性鼻炎には、季節性のものと通年性のものがあります。それぞれの原因を知ることで、予防や対策を考えることができます。アレルギー性鼻炎の治療には、薬の服用と環境改善が有効です。

More Detail